ミラン、今冬のシマカン獲得から撤退。トモリが最優先に

ミラン

ミランはストラスブールのモハメド・シマカン獲得を断念したようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『TMW』が14日に伝えている。

今冬のメルカートでシマカン獲得に狙っていたミランは、ライプツィヒとの争奪戦でリードしていた。しかし、最近の負傷でミランは再検討。2カ月の離脱は長すぎるという結論に達し、取引から撤退することを決めたという。

ただ、ミランはシマカンへの興味を失ったわけではなく、ストラスブールに夏の取引を持ちかけている。ただ、ミランの希望する条件で応じるつもりはないようで、移籍実現にはもう少し時間がかかりそうだ。

シマカン獲得見送りにより、今冬は別のCBが必要なミラン。この数日で伝えられているチェルシーのフィカヨ・トモリが第1候補となっている模様だ。