ミラン方針変更? 「シマカン断念でトモリが最優先」とディ・マルツィオ記者

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランの守備補強のプライオリティが変わったのかもしれない。13日の『スカイ』の番組内でジャンルカ・ディ・マルツィオ記者が語ったことを『MilanNews』が取り上げた。

以前からストラスブールのモハメド・シマカンを狙ってきたミランは、週末に負傷したあとも、シマカンに注視してきた。13日には、ストラスブールのメディカルスタッフとコンタクトを取り、コンディションを確認したとも言われている。

ただ、同記者によると、ミランは現在、「シマカンとは異なる解決策を探している」。即座にプレーできる選手の獲得を優先しており、チェルシーのフィカヨ・トモリに対する関心を強めているとのことだ。