マンU戦に燃えるトモリ「イングランドでの経験が役立てば…」

ミラン

ミランのフィカヨ・トモリが10日、マンチェスター・ユナイテッド戦の前日会見に臨んだ。『MilanNews』などが取り上げている。

23歳のトモリは、チェルシーからレンタルで加入している選手。マンチェスター・ユナイテッドをよく知る人物と言える。

トモリはチームメートからユナイテッドに何を聞かれたか問われると、「いろいろ聞かれたけど、結局ユナイテッドのことはみんな知っているんだ。偉大なクラブだってね」とコメントした。

そして、「たくさん研究したし、トレーニングしてきた。スピードのある攻撃陣を擁するチームとの厳しい試合になる。僕のイングランドでの経験が役立つことを願っているよ」と述べた。

また、『ミランTV』でもコメントを残している。

イングランド勢との対戦が決まった瞬間についてトモリは「偉大なチームとの対戦で、みんなの士気が高まった。僕たちはこういったビッグマッチを待っていたんだ」と語った。

最近はミランのCBでポジション争いが起きている。アレッシオ・ロマニョーリとシモン・ケアーに割って入った形の同選手は「カピターノのロマニョーリはすごく助けてくれる。彼は英語をしゃべれなくて、ピッチでは僕が彼にイタリア語で話して、彼は英語で伝えてくれる。もちろんケアーも助けてくれる。英語をしゃべるしね。どちらも手を貸してくれるよ。どこにいるべきかを教えてくれるし、ミステルの指示をしっかり理解させてくれる。おかげで助かっているんだ。2人とも素晴らしいプロだよ」と、感謝の言葉を口にした。

少し前のものですが…。(noteへ)

「ミランの新たな壁」トモリと、新たな不安|カルチョイズム / KeI|note
 ミランが1月のメルカート(移籍市場)で獲得したCBフィカヨ・トモリが、評価爆上げ中です。前回のイバン・ペリシッチに続いて、今回もそんなに話題になっていない選手の活躍の評価の高まりについて記したいと思います。 獲得の経緯  ミランは1月の移籍市場でCB補強を最優先に考えていました。ずっと狙っていたのはストラスブー...