ミラン、ケシエにレアル・マドリーやチェルシーが関心?

ミラン

ミランのフランク・ケシエに対して、レアル・マドリーとチェルシーが関心を示しているという。9日、『スポルトメディアセット』の報道を『MilanNews』が伝えた。

今シーズンのミランで存在感を放つケシエは、ヨーロッパで高い関心を集めているという。中でも強い関心を持つのがレアル・マドリーとチェルシーのようだ。

ケシエの現行契約は2022年まで。このままシーズン終了を迎えれば、契約は残り1年となり、去就が注目されることになるかもしれない。

ただ、ミランも黙ってみているわけではなく、契約延長に向けて準備を始めている模様。ジャンルイジ・ドンナルンマ、ハカン・チャルハノール、ズラタン・イブラヒモビッチの契約延長交渉が終わり次第、ケシエの交渉に入るとみられている。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は9日、2600万ユーロで獲得したケシエの価値は5000万ユーロまで上昇したと報道。ミランは2026年までの契約延長を準備していると伝えていたが、すんなりまとめることができるだろうか。