チャルハノールの将来が13日に動く? 代理人と「決定的な会談」へ

ミラン

ミランは13日、ハカン・チャルハノールの去就に大きくかかわる会談を行うようだ。『スカイ』でジャンルカ・ディ・マルツィオ記者が語ったことを『MilanNews』が伝えている。

これによると、ミランは13日、代理人のゴードン・スティピック氏とのミーティングを予定している。そこで選手側との要求をどれほど埋められるかが契約延長のカギになるとのことだ。

ミランが350万ユーロ程度の年俸で取引をまとめたいのに対し、チャルハノール側の要求は500万ユーロ以上と言われている。