ミラン、パヴォレッティに興味。代理人とクラブオフィスで会談

ミラン

ミランがカリアリのレオナルド・パヴォレッティに興味を持っている。『スカイ』でジャンルカ・ディ・マルツィオ記者が語ったことを『MilanNews』が伝えた。

ミランはCBとMFの補強を優先しているが、同時に前線のオプションも検討している様子だ。そこで、32歳のベテランに関心を持っているという。

報道によると、ミランは11日、クラブオフィスで代理人のジョヴァンニ・ブランキーニ氏と会談を行った。まだ具体的な話ではないものの、これから動きがあるかもしれない。