イブラヒモビッチがチーム練習合流。9日トリノ戦は間に合わず

ミラン

ミランのズラタン・イブラヒモビッチが、チーム練習に合流した。『スカイ』が8日に伝えている。

先月18日にふくらはぎを痛めて離脱中のイブラヒモビッチは8日、部分的に全体練習に参加。フルメニュー消化はしていないものの、復帰に向けて一歩前進している。

ステファノ・ピオリ監督は8日の会見でイブラヒモビッチについて、「彼のプログラムを消化しているところだ。ただ、(9日の)トリノ戦には間に合わないだろう」と語った。

ピオリ監督はユヴェントス戦のあと、12日に行われるコッパ・イタリアのトリノ戦では招集できる見通しだと話していた。

一方、イスマエル・ベナセルとアレクシス・サレマーカーズについても順調に回復しているようだ。

ピオリ監督は「我々のスタッフの考えでは、(18日の)カリアリ戦で招集できる。彼らは良い状態だが、急がせてはいけない」と述べた。