イブラヒモビッチ、PKは絶不調。欧州5大リーグで最多の失敗数。「もうケシエに譲る」

ミラン

ミランは8日、セリエA第7節のエラス・ヴェローナ戦を2-2の引き分けで終えた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが、FWズラタン・イブラヒモビッチのデータを取り上げている。

ミランは1点を追う後半にPKのチャンスを得たが、イブラヒモビッチが失敗。窮地に陥った。最終的にイブラヒモビッチのゴールで追いついたものの、PKの失敗率は見逃せない。

イブラヒモビッチはここ6本のPKのうち、4本を失敗している。『ガゼッタ』によると、欧州5大リーグで最も多くの失敗数だ。

イブラヒモビッチは試合後、「次はケシエに譲る」と苦笑い。PKキッカー辞退を宣言した。