貴重な同点弾を決めたクンブラ「1失点目は僕が…。取り返せて良かった」【ミラン対ローマ】

ミラン

ローマは26日、セリエA第5節のミラン戦を3-3の引き分けで終えた。終盤に同点弾を決めたDFマラシュ・クンブラが試合後、『スカイ』にコメントを残している。『MilanNews』が伝えた。

ゴールシーンについてクンブラは「CKからのボールが見事だった。だから決めるのは簡単だったよ」と、移籍後初ゴールにも冷静。それよりも守備面が「改善できる」と語り、「1失点目は僕がなんとかできたはずだ。自分で取り返せて運が良かった」と述べている。

この夏にエラス・ヴェローナからローマに移籍したクンブラは「ジュリッチが自信を与えてくれた。そこでたくさん改善して、今はローマにいる。このチームの力になっていきたい」と話した。