ハウゲが初得点に歓喜。ノルウェー人の得点はミランにとって22年ぶり

ミラン

ミランは22日、ヨーロッパリーグ・グループステージ第1節でセルティックに3-1で勝利した。FWイェンス・ペッター・ハウゲが初ゴールを喜んでいる。

ハウゲは9月24日のヨーロッパリーグ予選でミランと対戦した選手。ボデ/グリムト戦でミランが注目し、今月1日にミラン加入が決まったノルウェー人ウインガーだ。

そのハウゲは22日のセルティック戦に途中出場すると、終了間際に初ゴールを記録した。同選手は試合後、自身のSNSに喜びの投稿をしている。

『MilanNews』によると、ノルウェー人選手が公式戦でゴールを決めるのは、ミランにとって22年ぶりのこと。1998年1月8日、ステイナル・ニルセンが決めた得点が最後だった。