全クラブ冬のメルカートまとめ

ユヴェントス、ポグバの出場停止は4年間。今後の展開は?

開幕戦でドーピング陽性反応→最長の処分に

アンチドーピング検察は7日、ユヴェントスのポール・ポグバに対して、4年間の出場停止処分を言い渡した。『スカイ』などが伝えている。

●CL再開! ELも! WOWOW加入はこちら[PR]

ポグバは8月20日に行われたセリエA開幕戦ウディネーゼ戦のあとに受けた検査で、テストステロンの陽性反応が出たため、暫定的に出場資格を失っていた。その調査が終わって、正式な処分が決定している。

『トゥットスポルト』は、「ショック」「非常に厳しい決定」といった言葉で報じている。というのも、4年間の処分は、考えられた出場停止期間で最長のためだ。意図しない摂取であったりする場合は処分の軽減が認められることもあるが、アンチドーピング委員会は自発的な摂取と結論づけたようで、今回の処分となっている。

ポグバの今後は?

ポグバ側はこの処分を不服とした場合、アンチドーピング裁判所で裁判という運びになる。まずはこの決定を受けて、ポグバがどう動くのかに注目だ。

●ポグバ、「自発的摂取」で長期出場停止濃厚か。ユヴェントスは年俸ほぼカット(2023/9/13)

[PR]
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!