5/20 アパレル第2弾!

「イカルディは私なら獲得しない」ワンダ・ナラをリスクと考えるユヴェントスOB

目次

「周囲にある障害を見て見ぬ振りするのは無意味」

現役時代にユヴェントスなどで活躍したマッシモ・マウロ氏は、ユヴェントスがマウロ・イカルディを獲得することに反対している。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で語った。

この冬の前線補強が注目されているユヴェントス。その候補の一人としてイカルディが噂になっている。

マウロ氏は「私がディレクターなら、彼を獲得することは決してない」と断言。「この選手の周囲にある障害を見て見ぬ振りするのは無意味だ。彼はどのクラブでも問題になるリスクがある」と、ワンダ・ナラの騒動を一つの理由に挙げた。

さらに同氏は、「そもそも、彼はペナルティーエリア内のフォワードであり、今のユヴェントスが望むタイプのストライカーではない。ユヴェントスは彼のパフォーマンスを最大限に引き出すチームではないだろう」と語っている。

●イカルディとワンダ・ナラの離婚騒動はこちらから
●本命ブラホビッチ、現実的にはイカルディ?
●インテルのマロッタCEOは歓迎

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる