5/20 アパレル第2弾!

ユヴェントス、ザカリア狙うもまずは売却優先か

目次

ラムジー、アルトゥール、クルゼフスキの放出を急ぐ?

1月の補強が噂されているユヴェントスだが、まだ動けずにいるのかもしれない。『コッリエレ・デッロ・スポルト』が24日に伝えている。

今シーズン前半戦で波があったユヴェントスは、特に中盤の補強が噂になっている。

ただ、ユヴェントスは選手放出が決まるまで新たな選手を迎えない方針。これまで話題になっているアーロン・ラムジーとアルトゥールの放出、さらにデヤン・クルゼフスキも放出対象としており、商品棚に陳列しているという。

●ベルナルデスキは調子上げる

ユヴェントスはこれらの選手を売却した上で、ボルシア・メンヒェングラッドバッハのデニス・ザカリア争奪戦に臨むつもりとのこと。こちらはリヴァプールなども関心を示しており、熾烈な競争になるとみられている。

●ザカリアを狙うユヴェントス

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる