ピナモンティはひとまずインテル復帰。残留目指してアピールを誓う

インテル

ジェノアからインテルに戻ることになったFWアンドレア・ピナモンティは、インテルでシーズンを過ごしたいと意気込んでいる。『スカイ』が17日に伝えた。

昨年夏にジェノアへ移籍したピナモンティ。ジェノアへの完全移籍も話題になったが、インテルが買い戻す形で決着した模様。インテルでメディカルチェックを受けて、アントニオ・コンテ監督のチームに合流する準備を進めている。

インテルに復帰したあとでもレンタルに出る可能性が残るが、本人は現時点で残留を希望している。

メディカルチェックを終えたあとで報道陣に質問を受けたピナモンティは、「順調に進んで満足している。インテル復帰? 僕の目標は毎シーズン成長して、改善を続けることだ。インテルに残るなら、クラブや監督と話さないといけない。僕は自分の力を示して、みんなを説得できるように最善を尽くすよ。今朝ジェノアから着いたばかりで忙しい一日だった。明日から始めるよ」と語った。

なお、ピナモンティの移籍は、ジェノアからインテルへのレンタルという形になると報じられている。レンタル料400~500万ユーロで、1年後に1500万ユーロを支払って完全移籍とすることで決まったようだ。