ビダル「コンテは戦術面でナンバーワン」。しかし、ピルロに逆アプローチ

インテル

バルセロナのアルトゥーロ・ビダルが、メキシコのYouTuberであるダニエル・アビフのチャンネルに出演し、今後について語った。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

ビダルはロナルド・クーマン監督の構想外となっており、今夏の移籍が噂されている。特にアントニオ・コンテ監督は強く再会を望んでおり、以前からインテル行きは話題になってきた。

コンテ監督についてビダルは「マシーンのような監督だ。戦術面ではナンバーワンだね。彼は僕の特長をチームにフィットさせるようにシステムを少し修正したよ」と語っている。

ただ、古巣のユヴェントスにも興味津々だ。

ビダルは「(アンドレア・ピルロは)アンビリーバブルだったし、彼のプレーはスペクタクルだった。彼がユヴェントスに呼んでくれたらうれしいね。でも、落ち着かなければいけない。起こるときは起こる」とコメント。「僕はユヴェントスにもアンドレアにも強い愛着がある。僕はトリノで重要な選手に成長した。イタリアのカンピオナートでもね」と述べている。

ただし、ユヴェントス復帰は現実的ではない。新規登録可能なEU圏外枠の2つは、すでにアルトゥールとウェストン・マッケニーで使ったため、このラブコールが届くことはなさそうだと『ガゼッタ』は伝えている。