感謝を忘れないルカク「このチームのために最後の最後まで出し切る」【インテル対レバークーゼン】

インテル

インテルは10日、ヨーロッパリーグ準々決勝でレバークーゼンと対戦し、2-1の勝利を収めた。ロメル・ルカクが試合後、『インテルTV』でコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

「苦しんだね。レバークーゼンは良いチームだけど、僕たちはやるべきことをやって勝った。自分たちのためにも、スタッフのためにも、ティフォージのためにもうれしい」

「僕にとって、勝ちたいという欲求は子供の頃からある。だからこそ、このチームのために、最後の最後まで全てを出し切るよ」

「まずは休んで、次の試合に向けて準備だ。このチームがなければ、個人的な記録も不可能だった。みんながすごく助けてくれるからだね」

「今日はアレクシスが中盤でプレーした。ヤングが僕のゴールを演出してくれて、僕のために簡単にしてくれる」

「次の試合も難しくなる。このまま向上を続けないとね」