ハンダノビッチ「みんなトロフィーを求めている。まずは準決勝へ」

インテル

インテルのGKサミル・ハンダノビッチが、『スカイ』でレバークーゼン戦に向けた意気込みを語った。

「レバークーゼンは若いチームで、クオリティもある。ブンデスリーガでもその価値を示しているね。オープンな試合になると思う。どちらも勝利を目指しているよ。彼らにはクオリティがあり、前線にはスピードもあり、多くのチャンスをつくる。ただ、失点もそこそこあるね」

「僕たちはみんな、しばらくトロフィーを手にしていない。僕たちはここからベストを尽くして、できる限りのところまでいくつもりだ。どこも優勝を夢見ている。僕たちにとって準決勝へ行くことは大事だ。準備はできているし、レバークーゼンに挑むのが待ち遠しい」

「どちらが有利? そういうのはないよ。五分と五分の戦いだ」