【ジェノア対インテル】ルカクの2発などで2位再浮上【セリエA第36節】

インテル

先発メンバー

採点速報(『FcInterNews』)

GK
ハンダノビッチ 6
DF
シュクリニアル 5.5
(→64分 ダンブロージオ 6)
ラノッキア6 
ゴディン 6.5
MF
モーゼス 6.5
(→84分 カンドレーヴァ ー)
ガリアルディーニ 5.5
ブロゾビッチ 5
ビラーギ 6.5
(→84分 ヤング ー)
エリクセン 6
(→64分 ボルハ・バレロ 6)
FW
ルカク 7.5
ラウタロ 5.5
(→64分 サンチェス 7)

試合後コメントなど

アントニオ・コンテ監督

ロメル・ルカク

クリスティアーノ・ビラーギ

ジュゼッペ・マロッタCEO(試合前)

ハイライト動画(セリエA公式YouTube)

Genoa 0-3 Inter | Lukaku Brace Fires Inter Into Second Place | Serie A TIM

マメ知識(Opta)

  • インテルはセリエAで今季アウェー12勝目。2006/07シーズン以来。
  • ルカクは今季23得点、インテル1年目での得点数で歴代3位に。ステファノ・ニェルシュ(26得点)、ロナウド(25得点)に次ぐ記録。
  • ルカクはアウェイ15得点。これは1949/50シーズンのニェルシュに並ぶ記録。
  • インテルは今季のカンピオナートで19ゴールをヘディングで決めた。これはOptaがデータをとりだした2004/05シーズン以降で最多。
  • サンチュスはアウェーで3試合続けて1得点以上に関与。セリエAでは2011年1月以来のこと。全体では、アーセナル時代の2017年1月以来。
  • カンピオナート再開後、サンチェスは3ゴール7アシストで計10ゴールに関与。これを超えるのは1人だけ。ロナウドの11。
  • 第36節終了時点で勝ち点76以上を獲得したシーズンは、直近5回で全て2位以上だった。
  • ビラーギは今季のアシストが5に。これはパーソナルレコード。
タイトルとURLをコピーしました