インテル、エスポジトと条件面で開き。長期契約の方針では一致

インテル

インテルがFWセバスティアーノ・エスポジトの契約延長交渉を進めている。しかし、まだ条件面に開きがあるようだ。『FcInterNews』が伝えた。

インテルとエスポジトは、長期契約を交わすという点ですでにほとんど合意しているものとみられている。

ただし、条件面でまだ交渉の余地がある模様。インテルが45万ユーロ+ボーナスの5年契約を打診しているのに対して、エスポジトは年俸100万ユーロの5年契約を希望しているようだ。

もうすぐ18歳になるエスポジトは、複数クラブがレンタルでの獲得を検討している。エラス・ヴェローナ、パルマ、ブレッシアのほか、ベネヴェントやトリノも情報を求めたとのこと。

今後を決めるためにも、まずは契約延長交渉をまとめる必要がありそうだ。