インテル行きをやめたジルー「神様がチェルシーに残した」

インテル

チェルシーのFWオリビエ・ジルーが、契約延長について語った。クラブ公式サイトに対する発言を『TMW』が伝えている。

33歳のジルーは、今シーズンでチェルシーとの契約が満了する予定で、フリーでインテルに加入することが決定的と報じられていた。しかし、一転してチェルシーとの契約を延長し、残留が決まっている。

契約延長についてジルーは「クラブを去る方向で進んでいた。でも、神様がチェルシーに残したがったんだ」とコメント。「ランパードとプライベートで話して、もっとプレーするようになると言われた。その約束を守ってくれた。だから、僕は彼への信頼を取り戻したんだ」と述べている。

ジルーは1月までほとんど出番がなかったが、中断前はコンスタントにプレー。プレミアリーグ4試合で2ゴールを挙げていた。