バルセロナがトディボの移籍金を設定。インテル、ユーヴェ、ミランなどが関心

インテル

バルセロナがDFジャン=クレール・トディボの価格を設定したようだ。スペイン『Mundo Deportivo』の報道を『TMW』が伝えている。

トディボは冬にミラン加入が話題になった20歳のCB。結局、その話は実現せず、シャルケへレンタルで加わった。

その際、シャルケは2500万ユーロの完全移籍オプションを付けている。そのため、シャルケがこれを行使した場合、獲得を狙う他クラブはノーチャンスだ。

それでも、関心を示すクラブは多く、イタリアではインテル、ミラン、ユヴェントスが興味を持っているほか、カルロ・アンチェロッティ監督率いるエヴァートンや、レバークーゼンも動いているとのこと。

バルセロナはシャルケ行きが決まらなかった場合でも、2500万ユーロを支払うクラブがあれば話し合う意思があるようで、まずは完全移籍が実現するかが注目されている。

タイトルとURLをコピーしました