「イカルディよりベルフォディル」。元インテルのタイデル、同胞の能力を絶賛

インテル

2013年から2015年にかけてインテルでプレーしたMFサフィル・タイデルが、『PassioneInter』にコメントを残した。その中で、FWマウロ・イカルディに触れている。

現在モントリオール・インパクトに所属しているタイデルは、同じ時期にインテルでプレーしたアルジェリアの同胞であるホッフェンハイムのFWイシャク・ベルフォディルがイカルディよりも優れた選手だと主張した。

「同じ国の出身だからとかじゃなくて、技術的にも肉体的にも、イカルディよりもかなりレベルの高いものを持っているよ。インテルは別の決断をしたけどね。理由は分からない。とはいえ、カルチョの世界ではピッチ上のことだけじゃない。ベルフォディルは僕から見て、今でもマウロよりも遙かに強い。もちろん、イカルディはインテルですごいことをしたけどね」

2013年にインテルでプレーしたベルフォディルは、現在28歳。今シーズンはひざの負傷により、9月末から離脱している。