インテル、カストロヴィッリ獲得に本腰も…。クリアすべき問題は山積み

インテル

 インテルは、今夏のトップターゲットにフィオレンティーナのMFガエターノ・カストロヴィッリを挙げている。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が16日に伝えた。

フィオレンティーナでヤングスターが飛躍中。市場価値は推定4500万ユーロUP
 フィオレンティーナで若手が躍動している。『コッリエレ・デッロ・スポルト』が14日に取り上げた。  この夏にフィオレンティーナを買収したロッコ・コンミッソ氏ら経営陣は、若手に焦点をあてている。そして、その与えられたチャンスに若手たちが...

 カストロヴィッリに以前から関心を持っているインテル。10月に最初の接触があり、4月から再び交渉を加速させる可能性があると記事は伝えている。

 ただし、フィオレンティーナのロッコ・コンミッソ会長は主力選手の引き抜きに徹底抗戦の構え。カストロヴィッリの市場価値が4000万ユーロと評価されていることも、インテルにとっては障壁となりそうだ。

 さらに、ユヴェントス、ボルシア・ドルトムント、ローマのほか、プレミアリーグのビッグネームも興味を示しているようで、争奪戦は熾烈なものとなるかもしれない。インテルがポールポジションとされているが……。