ラノッキア、ゴールに満足も「まずはラウンド突破が大事だった」【インテル対カリアリ】

インテルは14日、コッパ・イタリア ベスト16でカリアリをホームに迎え、4-1の勝利を収めた。アンドレア・ラノッキアが試合後、ミックスゾーンでコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

【インテル対カリアリ】1.5軍のインテル、ルカク2発などで快勝【コッパ・イタリア ベスト16】
インテル 4-1 カリアリ 【コッパ・イタリア ベスト16@サン・シーロ】 21秒 1-0 ルカク(インテル) 22分 2-0 ボルハ・バレロ(インテル) 49分 3-0 ルカク(インテル) 73分 3-1 オリバ(カリアリ) ...

ラノッキアは第2節カリアリ戦以来となる今季3度目の出場で1ゴールを記録している。

「まずはこのラウンドを突破することが大事だった。その上でプレーして、ゴールも決められたことはうれしい。このユニフォームで、この仲間たちと一緒にプレーできることは、いつだってうれしいことだよ」

――出番が少ない選手たちにとっても大きな勝利

「そうだね。いつも準備をしておくことが大事だ。コッパ・イタリアは一つの目標だ。うまくいって僕たちは満足している」

――このようなルカクに期待していた?

「そうだね。彼のフィジカルはとてつもない。イタリアのカルチョはFWにとって複雑だけど、彼は理解しているし、試合ごとにそれを見ている。彼には大きな伸びしろがあるね」

――最後までユヴェントスを苦しめられる?

「僕たちは最後まで彼らを攻撃し続けることが目標だ。そのためにやっているんだよ」

タイトルとURLをコピーしました