コンテ「ナポリとのギャップを埋めているところ。パーソナリティの勝利」【ナポリ対インテル】

インテル

 インテルは6日に行われたセリエA第18節でナポリと対戦し、敵地で3-1の勝利を収めた。アントニオ・コンテ監督が試合後、『スカイ』にコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

【ナポリ対インテル】2020年もLuLa! インテルがサン・パオロでナポリ撃破【セリエA第18節】
ナポリ 1-3 【セリエA第18節@サン・パオロ】 14分 0-1 ルカク(インテル) 33分 0-2 ルカク(インテル) 39分 1-2 ミリク(ナポリ) 62分 1-3 ラウタロ(インテル) ▼先発メンバー ▼採点...

――145試合目でのセリエA100勝達成は史上最速

「そのデータは試合後にメディアから知らされただけだ。あまり見ていないものでね。私が笑っていたのは、ファビオ・カペッロ(の発言)に同意できなかったからだ。ただ、カルチョは多様であるがゆえに素晴らしい。我々は、自分たちがボールを持っているときに何をすべきか分かっている。カウンターを狙っているだけじゃない。幸いにも、対戦相手はコメンテーターよりもしっかり我々を見ているね」

――インテルはナポリでの勝利が約23年ぶり

「ここで勝つことは誰にとっても容易ではない。大きな価値があることは確かだ。この数年間で我々はナポリにかなりの後れを取った。今シーズンはそのギャップを埋めようとしているところだ。我々は大きなパーソナリティを持ってこの試合に臨んだ。試合ごとに自信をつけていく」

――守備に満足しているか

「高い位置で守備をすれば、その分プレッシャーがかからない場所もある。カウンターの隙を与えることにもなる。ただ、片方を引っ張ればもう片方は…、そういうものだろう」

「改善はできるが、当然相手も準備をしている。カルチョはラスト30メートルで生み出されるものだが、まずは監督が特定の指示を出す。そこから状況を打開するための才能が出てくる。どのチームも相手を研究するものだ。ナポリがそうだったようにね」

タイトルとURLをコピーしました