バルセロナのアレニャはベティスへ。影響があるのはインテルではなくミラン?

インテル

 バルセロナは28日、MFカルレス・アレニャをベティスにレンタルすることを発表した。

 アレニャの去就は、イタリアでも注目されていた。インテルは現在、バルセロナからアルトゥーロ・ビダルを獲得したいと考えており、アプローチを続けている。ただ、アレニャ放出が決まれば、バルセロナがビダルを手放す可能性が低くなるのではと考えられていたからだ。

インテル、左サイド補強はダルミアンで決まり? マルコス・アロンソを狙うも…
 左サイド補強を目指すインテルが、1月に向けて動いている。  『スポルトメディアセット』は27日、チェルシーのマルコス・アロンソ獲得に向けて、インテルがオファーを用意したと報道。600万ユーロでレンタルし、シーズン終了後にさら...

 しかし、『FcInterNews』はアレニャとビダルの去就は無関係だろうと指摘。アレニャは中盤でエルネスト・バルベルデ監督にとって6番目の選択肢でほとんど出番がないため、ビダルとは関係ないとみている。インテルにとってバッドニュースとは言えないかもしれない。

イブラヒモビッチ加入決定のミラン、ピョンテクにヴィオラやナポリが興味
 ミランは27日、ズラタン・イブラヒモビッチの加入を正式に発表した。これにより、クシシュトフ・ピョンテクの移籍の話題がさらに注目を集めている。  『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は27日、イブラヒモビッチ加入後のミランの基本フォーメーシ...

 一方で、スペイン『ムンド・デポルティボ』は、パオロ・マルディーニがアレニャの父に連絡を取っていたと伝えている。ただ、ミランへのレンタルは実現せず、ベティスを成長の場に選んだ形のようだ。

タイトルとURLをコピーしました