イブラヒモビッチ加入決定のミラン、ピョンテクにヴィオラやナポリが興味

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

 ミランは27日、ズラタン・イブラヒモビッチの加入を正式に発表した。これにより、クシシュトフ・ピョンテクの移籍の話題がさらに注目を集めている。

 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は27日、イブラヒモビッチ加入後のミランの基本フォーメーションを予想。ステファノ・ピオリ監督が4-3-3のまま変更せず、これまでピョンテクが務めていたポジションにそのままイブラヒモビッチが入ると予想した。

 『コッリエレ・デッロ・スポルト』は4-3-3のほかに4-3-1-2のオプションも紹介。こちらではチャルハノールをトップ下に置いてイブラヒモビッチとピョンテクを並べる形を提案しているが、やはりピョンテクの出番が減少することは濃厚だ。

 そこでミランは、24歳の若手を手放すことになるかもしれない。ジェノアへのレンタルが噂されているほか、後半戦で巻き返しを図るフィオレンティーナが関心を示している。

イブラ復帰でピョンテクはどうなる? ジェノアへレンタル案浮上も…
 ミランがズラタン・イブラヒモビッチの獲得を確実にしたことで、再びクシシュトフ・ピョンテクの去就が注目を集めている。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。  26日、ミランはイブラヒモビッチを獲得することが決定的にな...

 さらに『トゥットスポルト』は、メルテンスかジョレンテが移籍した場合に備えてピョンテクを獲得したいと考えていると伝えた。こちらは完全移籍義務付きのレンタルを検討しているとのことだ。