17歳エスポジト「インテルは家族。ルカクは兄さん」

インテル

インテルのFWセバスティアーノ・エスポジトが、21日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに答えた。

 3月のヨーロッパリーグでトップレビューを飾ったエスポジトは、今シーズンに入ってさらに期待が高まっている。当初はU-17ワールドカップに出場する予定だったものの、インテルでアレクシス・サンチェスが負傷したため、クラブがチームにとどめることを決めた。

インテル、16歳エスポジトがクラブ最年少欧州デビュー
 14日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦セカンドレグでインテルはフランクフルトに0-1で敗れた。大会からの敗退が決まったインテルだが、将来に向けての希望もある。FWセバスティアーノ・エスポジトが、クラブ史上最年少でヨーロッパ...

 デビュー戦をこれまでのキャリアで「最高の喜び」と語ったエスポジト。そのスタジアムに両親がいなかったことを問われると、「フランクフルト戦で両親がこなかったのは、ゲン担ぎなんだ」と返答。「今シーズンの序盤戦に来ていたけど、セリエAデビューのときはいなかった。だから、親に家にいてくれって頼んだんだ。僕がピッチに立ったとき、スタンドには兄のサルヴァトーレだけだったよ。でも家族はすごく大事だ。次のタトゥーはきっとお母さんに捧げるよ」と語った。

ますます期待が高まるインテルFWエスポジト。『ガゼッタ』は大絶賛
インテルのFWセバスティアーノ・エスポジトに対する期待がさらに高まっている。 23日に行われたチャンピオンズリーグに途中出場した17歳のエスポジトは、クラブ史上最年少での同大会デビューを飾った。得点こそなかったものの、約30分間の出場...

 アントニオ・コンテ監督については「すごい監督だ」と語り、チームメートのロメル・ルカクについては「外では謙虚な人で、ロッカーでは僕を弟のように扱ってくれる。彼からは学ぶことしかない」とコメント。「ただ、彼だけじゃなく、ダンブロージオともすごく良い関係で、彼がユーヴェ・スタビアにいたときに、僕のお父さんが指導者だったんだ」と話している。

 インテルが自身の成熟にどう大切かと問われるとエスポジトは「すごく大切だ」と返答。「僕は下部組織の人間だけど、一つのファミリーなんだ。選手としてはもちろん、一人の男として成長している。ロベルト・サマデン(インテル下部組織責任者)のことには触れなければいけない。あと、もう亡くなってしまったけど、僕をブレッシアから連れてきてくれたロベルト・クレリチも忘れられないね」と述べた。

 インテルのプリマヴェーラで次に頭角をあらわすのは誰だろうか。エスポジトは「ガエターノ・オリスターニオの才能は本物だ。僕と同じ2002年生まれだ。素晴らしい左足があるけど、それだけじゃない。(U-17)ワールドカップでのゴールを見た?」と、自身の友人を紹介した。

◆オリスターニオのU-17ワールドカップ・エクアドル戦のFK(YouTubeより)

※埋め込みでの表示ができないようなので「YouTubeで見る」から表示してください。FKは1:35あたりからです。

タイトルとURLをコピーしました