イブラ争奪戦はミランがリードか。ライオラがボバンと会談…選手の返事次第?

インテル

 ズラタン・イブラヒモビッチのミラン復帰はあり得るのか。あとは選手本人の決断次第だと『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

 ロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が満了となるイブラヒモビッチは、冬のイタリア復帰が噂されている。ミランのほか、ナポリやボローニャも関心を示しているところだ。

 すでに話し合いは進んでおり、20日にはミノ・ライオラ代理人がミラノを訪れた。スボニミール・ボバンとミラノ中心部のホテルで会い、ミランは条件を伝えたという。まずは半年の契約で、1年の契約延長オプションが付くオファー。18カ月で総額600万ユーロという条件のようだ。

 ミランは前線の人員整理を検討するためにも、クリスマスまでに結論が欲しいとされている。『ガゼッタ』は、ミランがカードを出し、「今度はズラタンの番」だと記した。

自信を失わないピョンテク「次の移籍時に僕の価値は…」
 ミランに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが、母国『TVPスポーツ』のインタビューに応じた。その模様を『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。  2018年夏にジェノアの一員となって大ブレークを果たしたピョン...

 一方で『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、争奪戦のポールポジションにいるのがミランだと報じている。そのため、獲得の意思を明かしているボローニャは一歩後退ということに。そこで、ミランが関心を持っていることが噂されたエヴァートンのモイーズ・キーンを狙う可能性があるとしている。

キーンが早くもイタリア復帰? ミランがライオラと接触か
 エヴァートンのFWモイーズ・キーンに対して、ミランが関心を示していると、『calciomercato.com』が伝えた。  ミランは今年夏にも同選手の獲得を狙っていたが、ユヴェントスはエヴァートンとの取引を選択。ただ、イング...

 『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、トッテナム指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョがイブラヒモビッチに連絡を取ったとも伝えている。38歳の大ベテランは、どこへ向かうのだろうか。

タイトルとURLをコピーしました