チャンスをいかしたラザロ。「完璧に適応できる」と感じた一戦は…

インテル

 インテルのMFバレンティーノ・ラザロが母国メディアのインタビューに答えた。『laola1.at』での発言を『FcInterNews』などが伝えている。

 シーズン序盤に出番がなく、好印象を残せなかった同選手だが、最近の試合ではインパクトを残した。ティフォージの信頼も高まっているところだ。

インテル、冬のターゲットは…? ビダルとダルミアンが「完璧なプロフィール」
1日付の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、インテルの移籍市場の動きを予想した。 記事によると、インテルが狙うのはフィジカルとパーソナリティ、そして得点感覚のある中盤が1人。そのほかに左右のサイドをこなせる選手とルカクのサブとなる選手を...

「いまはうまくいっている」とラザロ。「前の代表招集から戻ったとき、監督にこれからの期間で本当のチャンスがあると言われたんだ。僕は練習を重ねた。ボローニャ戦までそのときを待って、すごくうまくいったんだ。完璧に適応できると感じたよ。それからドルトムント戦でもチャンスをもらって、そこでもうまくいったね」と、この数試合を振り返っている。

 サン・シーロの印象については、「こういったスタジアムでプレーできることは特別だ。最初にティフォージの前に立ったときは、信じられない雰囲気だった」と語った。

 ラザロはオーストリア代表で4-2-3-1の右ウイングを担当している。アントニオ・コンテ監督についても話した。

「システムは完全に違う。コンテと代表のシステムだと、僕の役割は正反対のメカニズムなんだ。新しいことを学ぶということは、より僕を完全な選手に近づけてくれるね」。

インテル初アシストのラザロ「まだ守備は向上の余地がある」【インテル対ヴェローナ】
 インテルは9日、セリエA第12節のエラス・ヴェローナ戦をホームで戦い、2-1の勝利を収めた。同点弾をアシストしたバレンティーノ・ラザロが『InterTV』にコメントを残している。 「6、7人で守備のラインをつくってくる相手で...
タイトルとURLをコピーしました