インテルで初アシストのアスラニ「卒業試験じゃなく、責任を背負わなければいけなかった」

主将ラウタロ・マルティネスに感謝

インテルは28日に行われたセリエA第22節のフィオレンティーナ戦で1-0の勝利を収めた。クリスチャン・アスラニが試合後、『スカイ』と『インテルTV』でコメントを残している。『FcInterNews』が取り上げた。

春の衣替えキャンペーン! ワイシャツの山喜オフィシャル通販[PR]

【マッチレポート】フィオレンティーナ対インテル
【インテル採点】フィオレンティーナ戦の高評価は?

ハカン・チャルハノールの出場停止で今季カンピオナート初先発の機会が訪れたアスラニは、14分にCKでラウタロ・マルティネスのゴールをアシストし、インテルでの初アシストを記録した。その後も広い視野と鋭いパスでチームに貢献し、勝ち点3獲得に貢献している。

アスラニは試合後、次のように語った。

「ここはとても難しいスタジアムで、僕たちは勝ち点3獲得に集中しなければいけなかった。チームメートからほめてもらったけど、僕にとっては卒業試験ってわけじゃなかった。責任を負う必要があったんだ」

「ここは素晴らしいチームで、グループとしても素晴らしい。ラウタロ・マルティネスは真のカピターノで、僕を真っ先に助けてくれた一人だ。移籍市場の話題が出ているときも毎日励ましてくれたよ。彼の行動の全てに感謝している。彼が僕たちのスタンダードを引き上げてくれているんだ」

「レジスタは僕のポジションで、そこでプレーさせてもらってうれしい。今季はチャルハノール、昨季はブロゾビッチに学んだし、もちろんムヒタリャンやバレッラからもたくさんのことを学んでいる。初アシストはうれしいけど、初ゴールも待ち遠しいね」

[PR]
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!