PKストックのゾマー「自分が先だと確信していたけど…」

フィオレンティーナ撃破を喜ぶインテル守護神

インテルは28日に行われたセリエA第22節のフィオレンティーナ戦で1-0の勝利を収めた。GKヤン・ゾマーが試合後、『DAZNイタリア』でコメントを残している。『FcInterNews』が取り上げた。

春の衣替えキャンペーン! ワイシャツの山喜オフィシャル通販[PR]

【マッチレポート】フィオレンティーナ対インテル
【インテル採点】フィオレンティーナ戦の高評価は?

ゾマーは後半にファウルを取られてPKを与えてしまったが、ニコラス・ゴンサレスのシュートを止めてピンチをしのいだ。

「難しい状況だった。僕としては自分が先にボールに触ったと確信していたけど、主審がそうジャッジしたね。とにかくうれしいよ。試合前に彼がどう蹴るかはじっくりチェックしていた」

これで1試合未消化ながら、ユヴェントス戦を首位で迎えることになった。

「ここで勝ててうれしい。まずはそこだ。チャンスは多くなかったけど、1つを活かすことができた。この勝利を満喫して、そのあとユヴェントス戦に向けてじっくり準備していくよ」

これでインテルのクリーンシートは18回になった。

「日曜日の試合に向けてエネルギーを回復しないとね。こういったパフォーマンスは、守備全体の働きもあるよ」

[PR]
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!