全クラブ冬のメルカートまとめ

ベルゴミ、ナポリ戦の疑惑のジャッジに「センセーショナルだとは思わない」

インテルの快勝に終わったゲームの1点目

インテルは3日に行われたセリエA第14節でナポリに快勝したが、ナポリは全てを受け入れているわけではない。レジェンドのジュゼッペ・ベルゴミが、『スカイ』で話題のジャッジに触れた。

●CL再開! ELも! WOWOW加入はこちら[PR]

ナポリが納得していないのは、インテルが先制点を決める直前のプレー。ラウタロ・マルティネスがスタニスラフ・ロボツカとボールの奪い合いになった際、インテルFWは転倒する際に相手をつかみながら倒れた。ここからチャンスをひろげたインテルが先制点につなげており、得点後にナポリが抗議をする一幕があった。

このシーンについて、ベルゴミは次のように語っている。

「主審は、一般的にこういったコンタクトを取らない傾向がある。それが正しいか間違っているかは関係なくね。特にこのときのエリアではそういう傾向が強い」

「ラウタロ・マルティネスはロボツカの腰付近をつかんで倒れた。ただ、私からみてセンセーショナルなファウルだとは思わない」

ラウタロ・マルティネスのファウルだった…?

【マッチレポート】ナポリ対インテル
【インテル選手採点】バレッラ以上の評価を受けたのは?

[PR]
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!