全クラブ冬のメルカートまとめ

インテル、ナポリに苦戦も終わってみれば3-0

デ・フライ負傷交代も無失点。チャルハノールとバレッラがゴール

3日に行われたセリエA第14節のナポリ対インテルは、3-0でアウェーのインテルが勝利を収めた。

●CL再開! ELも! WOWOW加入はこちら[PR]

インテルにとっては2週連続の上位対決。ただ、ユヴェントスとのイタリアダービーとは大きく異なる激しい展開になった。

インテルは立ち上がりにマルクス・テュラムがゴールネットを揺らすも、わずかにオフサイドで認められず。その後、18分にはステファン・デ・フライが左ももの筋肉系のトラブルで交代を余儀なくされる。バンジャマン・パヴァールとアレッサンドロ・バストーニがいないインテルは、ヤン・ビセックではなくカルロス・アウグストを投入して対処した。

その後しばらくはナポリのペース。ホームチームの猛攻に押される展開となるが、抜群の距離感は失わず、要所を締めた。インテルはその中でも攻める意識を忘れず、互いに攻める激しいバトルになる。

ナポリは36分、マッテオ・ポリターノのミドルシュートがクロスバーを叩くシーンがあったが、前半終了間際に先制したのはインテルだった。左サイドからフェデリコ・ディマルコが大きなクロスを入れると、ファーサイドでデンゼル・ドゥンフリースがマイナスへ。これを受けたニコロ・バレッラがさらに後ろに下げると、ハカン・チャルハノールがミドルシュート。弓のように身体をしならせて放った弾丸シュートが、ゴール左下に突き刺さった。

https://twitter.com/Inter/status/1731413747787608437

良い形で折り返したインテル。58分にはクビチャ・クバラツヘリアのシュートに肝を冷やすが、GKヤン・ゾマーの好守でしのいだ。すると62分に待望の追加点。左サイドでカルロス・アウグストからパスを受けたラウタロ・マルティネスがDFと1対1という形から、仕掛けずに中へパスを出す。グラウンダーのパスの先には、2列目から飛び込んでくるバレッラ。絶妙のボールタッチで一気にナポリ守備陣をかわして、今季初ゴールを決めた。

2点目で楽になったインテルは、時折危ないシーンもあったが、85分にはフアン・クアドラードのクロスにテュラムが合わせて3-0。効率的に得点を重ね、強敵を退けて単独首位を維持している。

【インテル選手採点】バレッラ以上の評価を受けたのは?

ナポリ対インテル:ハイライト動画

セリエA公式YouTube
[PR]
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!