インテル、センシの退団を早める?

カリアリ、モンツァ、ジェノアが興味か

インテルのステファノ・センシは、1月にクラブを離れる可能性があるという。『FcInterNews』が19日に伝えた。

2022/23シーズンにモンツァにレンタルされていたセンシは、この夏に復帰した。プレシーズンマッチでは好印象を与えており、その後放出の動きがあったものの、ラザル・サマルジッチの獲得失敗などもあって残留した形だ。

しかし、シーズン序盤にケガで離脱。すぐに回復してベンチに戻ったものの、なかなか出番はない現状だ。チャンピオンズリーグでも登録メンバーから外れており、どうしても必要な選手というわけではない。

センシの契約は今季で満了するが、クラブは1月の放出も選択肢に含めている様子。同メディアによると、すでに3つのクラブが関心を示しているとのこと。カリアリ、モンツァ、ジェノアが情報を求めているはずだと記事は伝えた。

インテルで今季公式戦の出場が17分という状況のセンシ。給料の節約という意味でも、退団の時期を半年前倒しにする可能性はあるかもしれない。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!