フラッテージはトッティの再来?

ラインデルスに「黙れ」→「4」からのインテル初ゴール

インテルは16日のセリエA第4節でミランと対戦し、5-1で大勝した。ダヴィデ・フラッテージが試合終盤に見せたジェスチャーが注目されている。

【マッチレポート】インテル対ミラン
【ミラノダービー選手採点】インテル
【ミラノダービー選手採点】ミラン

フラッテージは後半アディショナルタイムにトドメの5点目を決め、インテル初ゴールを記録した。話題になっているジェスチャーは、その直前のものだ。

フラッテージはミランのタイアニ・ラインデルスと接触して転倒したが、ファウルの笛は鳴らなかった。するとフラッテージは、人差し指を唇に当てて「黙れ」のジェスチャー。さらに指を4本立てている。この意味は本人のみぞ知るところだが、「4点取ってるんだぞ」というメッセージであることは想像できる。

トッティのマネ?

このジェスチャーが話題になるのは、かつてフランチェスコ・トッティも同じことをしていたからだ。2003/04シーズンのユヴェントス戦でローマは4-0の勝利を収めたが、この試合でトッティはユヴェントスのイゴール・トゥドールに同じジェスチャーをしていた。

トッティの「4」

●ミラノダービー関連記事はこちら

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
SwG Basic の例
広告