スパレッティ、PKキッカー変更は「特別なことはない」

インテル

 インテルは14日、セリエA第32節でフロジノーネに3-1で勝利した。試合後の会見の様子を『FcInterNews』が伝えている。

 この試合でPKを獲得したインテルは、マウロ・イカルディではなく、イバン・ペリシッチがキッカーを務めた。

 これについてルチアーノ・スパレッティ監督は、「彼らが同意した。話して決まった。どちらもうまく、特別なことは何もない」と語っている。『スカイ』のインタビューでは「何があったかは知らない。3、4人のPKキッカー候補がいる。その中で彼らが決めたこと。それは総合的に考えてのことで、その中には友情も含まれるだろう」と述べた。