ルカク、2年で約75億円のオファーにノー。インテルは年俸13億円からの引き下げ要請へ

サウジアラビアからメガオファー

ロメル・ルカクはインテル一筋のようだ。『スポルトメディアセット』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが13日に最新情報を伝えた。

インテルがチェルシーからレンタルしていたルカクは、今夏の去就が注目されている。ただ、この日の話題はサウジアラビアからのオファーについてだ。

ルカクに対してサウジアラビアのアル・ヒラルが興味を持っている。『スポルトメディアセット』によると、年俸2500万ユーロの2年契約で代理人のもとにオファーが届いたが、ルカクはすぐに断ったそうだ。

インテルはルカクのレンタル延長を希望しており、そのためにチェルシーとの交渉に入る。『ガゼッタ』によると、チェルシーはレンタル料として800万ユーロ+ボーナス500万ユーロを要求していて、ピエロ・アウジリオSDはロンドンに出向いてこの引き下げを求める。同時にルカクに対しても年俸のカットを要求。2022/23シーズンは一部カットを受け入れて手取り850万ユーロだったが、ここからさらに年俸を引き下げてもらいたい考えだ。

●インテル関連記事はこちら

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
SwG Basic の例
広告