5/20 アパレル第2弾!

【期待の若手10選はブレークした?】インテルでは出番なし、それでもフランスで進化のウルグアイ人FW

目次

マルティン・サトリアーノは市場価値上昇

昨年9月に『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が紹介し、カルチョイズムでも取り上げた【21-22セリエAブレーク期待の若手10選】。彼らはどのような成長を遂げたのだろうか。

ここではマルティン・サトリアーノのシーズンを振り返る。もとの記事はこちら

プロフィール

マルティン・サトリアーノ(Martin Satriano)
クラブ:インテル→ブレスト
ポジション:FW
生年月日:2001年2月20日(21歳)
国籍:ウルグアイ
2021-22セリエA成績:4試合出場
市場価値推移:100万ユーロ→700万ユーロ
※市場価値は『Transfermarkt』参照

レンタル先で評価を高める

サトリアーノにとっては、評価を高めたシーズンとなった。市場価値は100万ユーロから700万ユーロまで上昇している。

プレシーズンの活躍でトップチームにとどまることになったサトリアーノだが、ただでさえ層の厚いインテル攻撃陣の中で出場機会を得ることは難しく、1月にリーグアンのブレストへレンタル移籍となった。

ブレストではリーグ戦15試合で4ゴールを記録。コンスタントな出場機会が与えられ、トップリーグで戦えることを証明した。

レンタル期間が終わったサトリアーノは、次のシーズンをエンポリで過ごすことになる可能性が伝えられている。フランスでの活躍があったからこそ、次の道がひらけた形だ。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる