マルティン・サトリアーノ:ラウタロから学び急成長中【21-22セリエAブレーク期待の若手10選】

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は7日、今シーズンのブレークが期待される10人を選出した。インテルからは、FWマルティン・サトリアーノが取り上げられた。

マルティン・サトリアーノ
生年月日:2001/2/20(20歳)
国籍:ウルグアイ
ポジション:FW

サトリアーノは2001年生まれの20歳。ウルグアイの出身で、ナシオナルの下部組織でプレーしていた。2020年1月にインテルと契約。プリマヴェーラで経験を積んでいたが、今シーズンはトップチームのFW4番手として期待がされている。

夏にシモーネ・インザーギ監督の信頼をつかんだサトリアーノは、プレシーズンマッチで結果を残した。他クラブからレンタルの打診もあったが、指揮官が残留させることを希望したと言われている。アレクシス・サンチェスのコンディションに不安が残ることもふまえて、出番はあるはずだ。

サトリアーノは自身で語っていたとおり、コロナ禍においてもラウタロ・マルティネスのプレーから様々なことを吸収していた。『ガゼッタ』によると、インテル加入後すぐにロックダウンとなり、家族とも離ればなれだったにもかかわらず、意気消沈することなく、出ていくことを求めることはなかった。そして、アッピアーノが開くやいなやトレーニングに励み、急速に力をつけてきたという。

レンタルでより多くの経験を積むべきという意見もあるが、インテルに残った価値を示せるだろうか。