5/20 アパレル第2弾!

ディバラ争奪は依然としてインテルリード? ユヴェントス最終戦で涙も…

目次

「感動的な瞬間も将来に影響を与えない」とインテルメディア

ユヴェントスのパウロ・ディバラは、やはりインテルへ行くのだろうか。『FcInterNews』は、依然としてインテルが争奪戦をリードしていると伝えた。

ディバラは16日、ユヴェントスでのラストゲームを戦った。試合後のセレモニーでは涙を流して、愛するティフォージに別れを告げている。ディバラとの別れが現実になってしまった今、ユヴェントスファンの願いは、最も憎きライバルに行かないでほしいということだろう。

ただ、「感動的な瞬間もディバラの将来の決定には影響を与えない」と同メディアは予想した。

ディバラは24日、ミラノにいる予定。代理人のホルヘ・アントゥン氏も同行することになっており、インテルとの接触があるとみられる。インテルがすでに提示している条件は年俸700万ユーロの3年契約で、4年目のオプションが付く。イタリア国外からはアトレティコ・マドリーやプレミアリーグのクラブが関心を示しているはずだが、インテルのリードはかなりのものだという。最近はローマの関心も話題になったが、それは20日前の「調査」であり、それ以上はないとのことだ。

ディバラは涙の別れのあとでも、ハートではなく、一人のプロとして、ミラノでキャリアを続けることを選ぶと同メディアは予想。インテルとしては、予期せぬ国外クラブの割り込みに邪魔されないために、シーズン終了後すぐにディバラとの交渉をまとめにかかるとみられる。

●インテル関連記事はこちら
●ユヴェントス関連記事はこちら

あわせて読みたい
【アパレル】「使い勝手+アナタの色」便利な白カットソー 【アパレル好評です!】  カルチョイズムでアパレルを始めました。新作も準備中ですが、第一弾のカットソーは現在も好評販売中です! ●アパレル始動! カルチョイズム...
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる