神出鬼没ペリシッチに最高評価、最低点は当然…

ボローニャに1-2で敗れたインテル

インテルは27日、セリエA第20節延期分のボローニャ戦を敵地で戦い、1-2で敗れた。各メディアが採点を掲載している。

高い評価を受けたのは、立ち上がりに先制点を記録したイバン・ペリシッチ。平凡な採点が目立つ中、『FcInterNews』が「6.5」、『TMW』は「7」を付けた。

開始直後の先制点は、シュートそのものも見事だったが、ボールを受けた位置も奇抜だった。右からのスローインでディフェンスラインの背後から左サイドに流れていってパスを受けてからのチャンス。見事な先制点だった。

ワーストはGKヨヌーツ・ラドゥ。逆転弾を許したミスは当然低評価の対象となる。『TMW』は「3」を付け、「82分間は注意深かったが…それからやらかした。ボローニャに勝利を献上し、インテルはスクデット争いの主導権を失った」と厳しい評価になっている。

『FcInterNews』は「今季120分間しかピッチに立っていない選手にとって簡単なことではなかった。彼のミスはとても残念。人としての彼は、これに値しない」と同情的だが、それでも採点は「4」を付けざるを得なかった。

ペリシッチのスーパーゴール

●インテル、控えGKラドゥが痛恨ミスで涙 仲間はサポート
●インテル関連記事はこちら

[PR]
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!