W杯の合間に便利なロンTを…

インテル、控えGKラドゥが痛恨ミスで涙 仲間はサポート

目次

ボローニャ戦で逆転負けも団結忘れず

インテルは27日、セリエA第20節延期分のボローニャ戦を1-2で落とした。GKヨヌーツ・ラドゥの大きなミスが話題だが、インテルは団結を忘れていない。

守護神で主将のサミル・ハンダノビッチが腹斜筋の問題で先発を外れたインテルは、首位浮上が懸かった一戦でラドゥがデビュー。しかし、終盤にバックパスの処理をミスしてボローニャに逆転弾を許した。

ラドゥは試合後、ユニフォームをまくって涙を流した。この様子をテレビカメラがおさえようとしたところ、デンゼル・ドゥンフリースが間に入ってこれを阻止している。

ほかのチームメートもラドゥをフォロー。GKアレックス・コルダスらが寄り添ってロッカールームに引きあげていったとのことだ。

これで再びミランに一歩リードされたインテル。ここから這い上がれるだろうか。

ヨヌーツ・ラドゥの痛恨ミス

●インテル関連記事はこちら

ラドゥを擁護するインザーギ「スタッフからも仲間からも信頼は厚い」

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次