5/20 アパレル第2弾!

「スーパー・ハンダ復活」インテル守護神に称賛

目次

批判に好パフォーマンスで反応したハンダノビッチ

インテルのGKサミル・ハンダノビッチが、再び評価を高めている。16日に行われたアタランタ戦の活躍を各メディアが絶賛した。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、「スーパー・サミル」と絶賛。「ラツィオ戦のミスのあとでミラクルを起こした」と記している。

採点記事でもハンダノビッチに対する賛辞はとまらず、「7.5」で単独最高点をつけ、「批判に対して素晴らしいパフォーマンスで反応した」とした。

この一戦のハンダノビッチは、ファインセーブだけではなかった。通常、インテル守護神は1試合あたりのボール保持時間が1分以内とのことだが、この日は約4分間だったと記事は伝えている。

ハンダノビッチは試合後、スーペルコッパの疲労がチームに残っていたため、自分がボールを持つ必要があったと語っていたが、それを裏付けるデータとなっている。

●インテル救ったハンダノビッチ「消耗があった。大事な勝ち点」【動画付き】

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる