5/20 アパレル第2弾!

インテル、ドゥンフリースが「開花」 評価高める

目次

「良いときのハキミに見えることも」

インテルのデンゼル・ドゥンフリースが、セリエAに適応し始めた。『トゥットスポルト』は14日、「ドゥンフリースが開花した」と記している。

この夏にアクラフ・ハキミの後釜としてインテルに加入したドゥンフリースは、なかなかイタリアに適応できずにいた。それでも、カリアリ戦では何度も決定機に顔を出している。

同紙は「ドゥンフリースが開花した。良いときのハキミのように見えることもあった。正しいタイミングを理解した」と、確かな成長を感じている様子だ。ただ、「最後のステップとしてゴールが必要」とも記している。

マッテオ・ダルミアン不在の間にドゥンフリースも一皮むけた印象のインテル。ますますチーム力は高まっている。

●一時は右サイドを1月に補強するという噂も…

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる