5/20 アパレル第2弾!

インテル、現状に不満のベシーノは値引きせず 代役にナンデス浮上

インテルは、この冬に中盤の入れ替わりがあるかもしれない。16日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

放出の可能性が浮上しているのは、もちろんマティアス・ベシーノだ。ウルグアイ代表での会見で話した現状への不満は、少なからずインテルにショックを与えている。

●ベシーノ「現状は予想外。クラブと話し合う」

ただ、インテルの方針は明確で、ベシーノが不満を言ったからといって値引きをするつもりはない。値札は1000万ユーロで、オファーがこれに満たなければ残留するはずだと『ガゼッタ』は伝えた。

一方で、ベシーノ放出時のシナリオも準備している。ここで出てくるのが、夏に獲得寸前までいったカリアリのナイタン・ナンデスだ。夏はアクラフ・ハキミの後釜として話題になったが、今回はベシーノの後釜候補になっている。

右ウイングのデンゼル・ドゥンフリースが適応に時間がかかっていることも考えると、複数ポジションをこなせるナンデスの加入はチーム力の底上げにつながるかもしれない。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる