インテル守護神ハンダノビッチ、批判に動じず「インテルはずっとこう。僕は気にしない」

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節レアル・マドリー戦を控えるインテルのGKサミル・ハンダノビッチが14日、『スポルトメディアセット』にコメントを残した。

インテルはサンプドリアと引き分けたことで3連勝を逃し、早速非難の対象になっている。

ハンダノビッチは「インテルはずっとこうだった。批判する材料ができることを待てないんだ。僕はその流れに逆らっている。サンプドリア戦は、物の見方次第だ」と述べた。

中でも厳しい非難の声にさらされているのが、ハンダノビッチ自身である。

「いろいろ書かれるけど、僕にとって大事なのは誰が書いているかだ。ゴールを守ったことがない人に言われても表面的なことでしかなく、響いたりしない。気にならないよ」

「まだ第3節が終わったところで、僕は前に進む。僕たちは明日の試合に集中だ。昨日何が起きたのか、じゃなくてね」

●ゴールを守ったことがあるカステラッツィはハンダノビッチを擁護