インテル、ルカクの控えはペターニャ? 代理人が示唆した選手は…

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルがナポリのFWアンドレア・ペターニャの獲得に興味を持っているかもしれない。『FcInterNews』が23日に伝えた。

インテルは、ロメル・ルカクの控えとなるFWを夏のメルカートで探している。そこで、ペターニャ獲得が浮上した。

22日、インテルのオフィスにジュゼッペ・リーゾ代理人が訪れた。この日の会談では、フェデリコ・ディマルコやステファノ・センシ、ヨヌーツ・ラドゥといった選手の話になったとみられている。

ただ、「新しい名前も出た」と同代理人は会談後にコメントを残しており、噂になっていない選手の話題になったことを示唆していた。『FcInterNews』によると、それがペターニャだ。

実際、インテルはセバスティアーノ・エスポジトとアンドレア・ピナモンティの放出に動いているようで、ますますFWが必要な状況。フィジカルが特長のペターニャは、ルカクのサブに打ってつけかもしれない。

ただ、ナポリがライバルのインテルにペターニャを貸し出すことを簡単に了承するとは思えない。それでも同メディアは、ルチアーノ・スパレッティ監督を要求を満たす選手をかわりに差し出すことが唯一の解決策になり得ると主張。スパレッティ監督は、ロベルト・ガリアルディーニとマティアス・ベシーノを指揮した経験があり、信頼を置いている。2人はインテルからの移籍が噂されており、特に前者は同じくリーゾ代理人のクライアントだ。

まだ具体的な話ではないものの、これから交渉が進む可能性はあるかもしれない。