インテル、ヤングやベシーノが一転して残留も?

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

シモーネ・インザーギを監督に迎えたインテルは、方針の変更があるようだ。『TMW』などが6日、クラブの現状を伝えた。

まず、残留か退団かが注目されていた選手の中では、アンドレア・ラノッキアとダニーロ・ダンブロージオが新シーズンもインテルのユニフォームを着ることになると複数メデイアが報じた。

また、ワトフォード行きが濃厚と伝えられていたアシュリー・ヤングの状況は大きく変わるかもしれないという。こちらはシモーネ・インザーギ監督が高く評価しており、一転して契約延長になるかもしれない。

さらに、マティアス・ベシーノについてもシモーネ・インザーギ監督は様子を見るつもりだ。2020/21シーズンを負傷でほとんどプレーできなかったベシーノは、2022年までの契約がある。新指揮官はベシーノを評価しており、ひとまずプレシーズンで見極めたいと考えているそうだ。