「センシは運が悪いだけじゃない」。2年間で9度の筋肉系負傷…インテルもアッズーリも解決を望む

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルのステファノ・センシは、EURO2020に臨むイタリア代表から外れる可能性が高まっている。『コッリエレ・デッラ・セーラ』は、不運だけで片付けられない問題だと指摘した。

インテル加入直後に圧倒的な存在感を見せたセンシだが、その後は負傷を繰り返した。筋肉系の負傷は、この2シーズンで9回。合計218日間のストップとなっている。

それでも、EUROには間に合うはずだった。ロベルト・マンチーニ監督はコンディションに問題のある同選手を招集。4日のチェコ戦で実戦復帰をさせ、大会に間に合わせる予定でいた。

しかし、3日の練習で再び負傷。まだ正式な発表は出ていないが、アッズーリから外れる可能性が高いとみられている。

『コッリエレ・デッラ・セーラ』によると、センシの「問題の原因については議論が重ねられており、今も議論になっている。メディカルチームたちの間で共有されているのは、トレーニング強度に問題はないということ。それはコンテのインテルでも、マンチーニの代表でもだ」と伝えた。

さらに同紙は「実際、センシの問題は毎回同じではなく、筋肉の異なる箇所に影響を与えている。シンプルに、彼はデリケートな選手だということだ」と記している。

負傷により才能の全てを発揮できなかった選手としては、ジュゼッペ・ロッシが思い出されるところ。「インテルとアッズーリは、そうならないことを切に願っている。そのためにも、できるだけ早く解決策を見つけなければいけない。今は単なる不運ではないからだ」と締めくくった。